HOME > 会社概要 > 会社沿革

会社沿革

1943年(昭和18年) 青柳五七郎が、東京都大田区に富士計器製作所を設立
1943年(昭和18年) 電気計器、スライド抵抗器の製造を開始
1952(昭和27年) 資本金300万円により、(株)日本計器製作所に改組
1958(昭和33年) 超小型の“モニメーター”を開発
1960(昭和35年) 通産省の認定により、日本工業規格(JIS)表示許可工場となる
1963(昭和38年) 大阪営業所を設置
1966(昭和41年) 埼玉県秩父郡に小鹿野工場(現ニッケイインスツルメンツ)を新設
1970(昭和45年) 熊本県宇土郡に熊本工場を新設
1976(昭和51年) 鹿児島県川辺郡に鹿児島工場を新設
1977(昭和52年) カスタムICによるデジタルメーターを開発
1985(昭和60年) ファンモーター“SEPA”を開発
1987(昭和62年) 茨城県に技術開発研究所を新設
1988(昭和63年) 小型精密ポンプ“Piezo Pump”を開発
1990(平成2年) 鹿児島市にネムエンジニアリングを新設
1994(平成6年) 香港にTechcious co., LTD.[技華有限公司]を設立
1995(平成7年) 広東省にてモーターの生産を開始
1997(平成9年) 技華有限公司が国際標準規格ISO9002を取得
2002(平成14年) 技術開発研究所を増設し、「つくばテクノロジーセンター」に名称変更
2002(平成14年) 香港に営業所を設置
2002(平成14年) 技華有限公司が国際標準規格ISO9001を取得
2003(平成15年) 株式会社日本計器製作所が国際標準規格ISO9001、およびISO14000を取得
2011(平成23年) 本社を大田区南久が原から同区大森北に移転